前へ
次へ

iphone修理で重要になる電波法への準拠

かつての電話といえば固定電話などであり、目に見える電線などを通じてやり取りが行われていました。
今も通常の電線の他光ファイバーケーブルなどを通じて通話や情報のやり取りができます。
さらに最近は携帯電話の普及により目に見えない電波を使うケースが多くなっています。
携帯電話やスマートフォンは電波を受けるための機能が付いていて、故障をしてiphone修理を受けるときは電波の受信がうまくできているかのテストもされないといけません。
電波に関しては電波法と呼ばれる法律があり、試験方法も法律で定められています。
iphone修理をしてもらう上で正規店はメーカーに近い所なのできちんと試験を行ってくれます。
非正規のiphone修理業者の多くも電波法に基づく試験や専門の技術者を置いていますが、一部のiphone修理業者には電波法に則った試験をしていないところもあるようです。
利用者がiphone修理をしてもらった後に電波法に準拠されているかを知るのは難しいので、iphone修理業者を選択するときに適切な検査をしてくれるところを選ぶようにしないといけません。

Page Top